擬似クラスnotのカッコ内は例外にするクラス名や属性などを書く。そして、それはいくつも繋げてよい。

  • クラス名(.classname)
  • 属性(type=”radio”)
  • 要素(footer)