mustは自らが望んで選択。have toは環境による選択。 willは話の最中に決めた未来意思。be going toはあらかじめ予定されていた未来意思。